作品紹介ギャラリー

KIMG0340_20181213145434ガラス面にカッティング文字KIMG0343_20190121171330インクジェットでポスター

KIMG0345_20190121171239 KIMG0383_20190928074734プレート看板

 

KIMG0351_20190218174059 KIMG0377_20190928074841ガラス面に目隠しと文字

KIMG0352_20190218174040 KIMG0355_20190218174028カッティングシートの文字

image2

テントに貼ったカッティングシートの写真を送っていただきました。

 

KIMG0464_20191031181548 KIMG0473_20191031182157

テント、ガラス面、シャッターにカッティングシート文字やインクジェット出力

 

KIMG0385_20190928074657 KIMG0381_20190928074808船舶にカッティング文字

製作例とリタックシートの説明

こちらバイクに貼るカッティングシート。何か貼っていると、ツーリングの時に受けが良いそうです。

KIMG0324_20181130171449

 

これは鶴見の名倉堂接骨院様の壁面用インクジェットシール。数年前から色々製作、施工させてもらってます。木曜も休診になり変更します。

KIMG0325_20181130171545

 

ビルのステンレス製銘板です。ご近所の不動産業者からの依頼です。

KIMG0322_20181130171644

 

 

カッティング文字.netのカッティングシートは他社と違う特徴があります。 それはリタック(アプリケーション)シートの面裏共に透明な点にあります。シートの種類やご注文によっては、裏紙 で白い場合もありますが、基本的には透明です。この透明リタックは高価な為、他社では安価な裏紙のシートを使う 場合が多くなると思いますが、裏紙の場合は当然貼る媒体が見えず、貼り合わせの際や、位置決めの時に細かい感覚 が失われると考えています。また、カッティング文字ネットのアプリは熱や圧力で変形し難く、貼る際によれや歪みが 少なくなります。 また、粘着力も弱い物を多用しており、貼る時に失敗が少なくなります。 なぜか? カッティングシートは、時間の経過と共に粘着力が強くなり、初期接着は弱いです。ですから貼って直ぐに剥がす事は 容易で、これで剥がれないのか心配になる程です。 よって、粘着力が弱いリタックの方が、貼り易いのです。たまに、文字がリタックから剥がれずくっ付きませんとクレーム があったので、透明弱粘着を多用しています。中粘着の方が、こちらの作業は圧倒的に早くなります。それは、シート文字 をアプリケーションシートに転写(アプリに貼る)時、粘着が弱いとなかなかくっ付かないからで、その分貼ったら、すぐ くっ付き、リタックを剥がす時、文字が引っ張られずに成功するからです。 我々プロが施工する場合は時々で使い分けし、どちらかというと中粘着のリタックを使った方がやり易い場合が多いの ですが、お客様が自身で貼る場合、弱い粘着のアプリの方がいいようです。 このようにユーザー本位で製作しています。

メニューと看板

こちらステンヘアーライン調のインクジェットメディアにプリントしたプレート看板です。

KIMG0315_20181026105537

 

こちらは、木目調デザインのインクジェット仕上げで作った理容店様のプレート看板で料金メニュー板です。

KIMG0314_20181026105543

 

工事看板

工事現場で使用されるプレート看板と黒板用マグネットシートです。どちらもインクジェット仕上げで、看板は艶あり、黒板用は、つや消しのラミネートを貼っています。

その他建設業の許可票、労災保険関係成立票、道路占用使用、建築基準法による確認済などの建設現場のプレート看板のご注文が多くあります。

 

KIMG0294_20181026105459KIMG0295_20181026105447KIMG0317_20181026105426