カッティングシートのデザインテキスト

先日、東京藝術大学のたほりつこ先生の退任展が開催されました。

KIMG0054_20171013100405

 

色々なデザインテキストの製作依頼を受けまして対応しました。これはそのほんの一部です

KIMG0051_20171013100435

協力企業として、栗田アートの記載もして頂き、自分で作りました。

KIMG0052_20171013100422

 

なかなかの短納期、多枚数だったので、先生からお礼メールも頂きました。

栗田様

たほです。お世話になりました!
レセプションに来ていただけるかと思っていましたが、
やはり、お忙しいですよね。
ですが、お時間のある時に、是非、見ていただきたいです。
超特急で修正カッティングを送っていただいたおかげで、
修正も済み、明日は、修正できた財団の方もいらっしゃるそうで、
迅速な対応をしていただきまして本当に感謝しています。

カッティングシート製作

先日取り付けて頂いた看板です。シンプルなデザインなので、カッティングシート文字で製作しました。

KIMG0062_20171013100334

 

その他お客様に最近頂いた声です。

有限会社栗田アート
栗田様

お世話になっております。
清澤です。

看板届きました。
イメージ通りで満足しております。
色々と要望を聞いて頂き有難うございます。
本日、入金致しましたのでご確認下さい。

今後もどうぞ宜しくお願い致します。

清澤

栗田様

いつもお世話になっております。

本日シートのほう届きました。

早々制作にご対応頂きましてありがとうございます。

非常に助かりました。

明日には代金振り込みさせていただきます。

今後とも宜しくお願い致します。

 

カッティングシートでの電飾看板

今回、久しぶりにカッティングシートで電飾看板を仕上げましたので、紹介します。なぜ久しぶりかと申しますと、現在看板業界ではインクジェットの方が主流で、カッティングシートで施工する事は少なくなっています。

理由は、この時代、カラフルでデザイン自由な看板が支持を集めており、(当たり前ですが)このような色をふんだんに使う看板をカッティングシートで製作すると、かなりの技術と手間がかかり、料金も高額になってしまい、結果的にカッティングシートよりもインクジェットの方が支持されているからになります。

ただ、インクジェットはカッティングシートに比べ、昔ほどではありませんが、若干耐候性が弱いとされています。また、電飾にした場合、電気をつけた時とつけない時の色の違いがカッティングシートに比べ大きくなります。

今回のお客様は、電気をつけた時とつけない時の色の差にこだわっておりましたので、カッティングシートでの提案になり、無事施工完了となりました。

KIMG0013_20170810090546

 

ちなみに、リニューアル前の看板面、ガラス面シート、他スタンド看板面も弊社で手がけさせて頂いております。

 

商品説明

サイト内でアナウンスしているのですが、まだ、まだカッティングシートやインクジェットシールの違いが分からない方が多いようなので、改めて説明します。

こちらがカッティングシート。一般的にそう呼ばれています。カッティングシートとはメーカーの登録商標ですので、うちではカッティング文字と呼ぶようにしています。

社名カット

カラーシール(マーキングフィルム)をカットし、不要部分を取り除いて文字やマークになります。

 

こちらがインクジェットシール。白や透明のシールにフルカラー印刷して、ベースごと貼り付けるシールです。カッティング文字よりビックサイズで出来て、カッティング文字より細かい文字が可能です。

ジェットオレンジ

 

マグネットシートはこのようにカッティングシートやインクジェットシールで色つけや文字を入れて製作します。

誘導マグ

製作例

院名変更による駐車場看板リニューアル。

カッティング文字仕上げ

なかじま

 

 

インクジェット仕上げの看板。

美味しいと評判のお弁当屋さんだそうです。

たんぽぽ1   たんぽぽ2