カッティングシート インクジェットシール マグネットシート 会社概要 サイトマップ 特定商取引について

  1. TOP
  2. ブログ

接骨院のガラス面で効率よくPR!

今日は接骨院の入り口のガラス扉に貼るカッティングシート、インクジェットシール、
目隠し用のすりガラスシートを製作しました。

近年接骨院、整骨院の数が増加しているそうで、新しく店舗開業した接骨院、整骨院からのご注文はもちろん、
元々の看板をより見やすく、分かりやすい表示にする為リニューアルしたい、というご注文も多いです。

 

接骨院インクジェットシール接骨院カッティングシート

また、接骨院、整骨院に限らず、クリニック、歯医者など、省スペースで店舗の情報をPRできるので
ガラス面にカッティングシート、インクジェットシールを貼る店舗はかなり多いです。

電話番号や営業時間を効率よく患者さんにお伝えでき、
同時にガラス面の目隠しにもなるので、一石二鳥ではないでしょうか。

カッティングシートは一文字ずつのシールになっているので(お届けする際は文字がバラバラにならないように
透明保護シールを貼ってのお渡しです。)例えば、営業時間の変更があっても変更したい部分の
カッティングシートを剥がして、新しいカッティングシートを貼り付ければ簡単に表示の変更ができます。

インクジェットシールなら多色を使って表現できるので今回作ったシールのように(画像左)イラストで分かりやすくすることで
通りがかりの人にも一目で接骨院だと分かっていただけます。

今回作ったシートの余白部分にはご注文頂いたお客様自身で後日文字を追加するそうです。

ガラス面はお店の入口であり、もっとも人に見られる部分です。
カッティングシート、インクジェットシールを貼るだけで、だいぶイメージが変わると思います。
効率よくPRして、お店の印象を変えてイメージアップしてみてはいかがでしょうか。

犬の散歩マナーについてのマグネットシート

本日は、犬の散歩マナーパトロール中という
マグネットシートを製作しました。

飼い主さんがペットを散歩させてる際、最低限のマナーを守って犬も飼い主も
気持ちよく散歩していただきたいですね。

犬のマナーマグネットシート

犬の散歩マナーでよくあげられるのが、フンの始末をせず、公共の場や道路を
汚すことではないでしょうか。
そういった、散歩マナーを守らない飼い主さんがたまに居ます。

前にこんなインクジェットシールも製作しました。

犬のマナーシール

近所でフンの始末がされてなく、不満に思っている方は、
こういった注意を促すシールを貼るだけでも改善する可能性もありますのでぜひ試して下さい。

犬を散歩に連れて行く時は、マナーを守って散歩してもらいたいですね。

インクジェットシール製作例

インクジェットシール製作例です。

施工前

バス停から小学校の位置が分かりづらいとのことで、
こちらの柵にインクジェットシールで小学校名を貼って分かりやすくしました。

 

image1

正門の位置も矢印で表示し、
学校名もかなり見やすく表示されていると思います。

褒めて頂きました。

今回はインクジェットシールでお褒め頂きましたので、声と内容をお伝えします。

FAXでお問い合わせ頂き、料金の返信をして、ご注文してくださいました。

H850×W650のインクジェットシール1枚5,400円(税送込み)です。

インクジェットシール注文例

メールアドレスを伝えてもらう為、メールを送って頂き、完成見本案を返信し、O.Kもらいました。

インクジェットシール

製作、発送し、以下のお礼メールを頂きました。

栗田アート様

「お世話になります。ピアノギャラリーの山崎です。
先日は素敵なステッカーを作成頂きありがとうございました。
期待以上の仕上がりで、また機会がありましたらお願いしたいと思っております。」

 

このような感じでご注文をこなしております。

 

カッティングシートについて

当ホームページでは、カッティングシートによる切り文字を製作販売している訳ですが、ちょっとした豆知識を加えて詳しくお話しさせて頂きます。

弊社は基本的に看板屋です。色々なサインに対応しておりますが、当ホームページでは、ネットのみの特別価格カッティングシートの切り文字を主に販売しております。色んなキーワードで宣伝活動を行っていますが、ユーザーは圧倒的に、

カッティングシート」のキーワードで検索しているようです。

そもそも「カッティングシート」という呼び名は、中川ケミカルという会社の登録商標で、この会社の屋内用マーキングフィルムの呼び名です。

昔々看板は職人が筆とペンキで書くか、専用ミシンでアクリル板などを文字の形に切って、貼っていました。しかしカッティングシートなるものができ、

(これが中川ケミカルさんのカラーフィルム。後に各メーカーが独自シートを販売

カッティングマシーンが普及して、

(その前は原稿をコピー機などで作り、カッターで手切りしてました)

看板屋も「こりゃ簡単だわ!」と皆フィルムで作る文字に流れて行き、現在に至っています。

ユーザーが求める屋外の宣伝用文字は各他メーカーの屋外用マーキングフィルムをカッティングマシーンでカットし、ゆわいるカス取りと呼ばれる不要部分を剥がし、専用のアプリケーションシートでコーティングし、発送するものです。

ですから、「カッティングシート」での検索そのものが間違った言語での検索と言えます。

とは言え、一般的になってしまっている「カッティングシート」は存在感を増し、我々も「カッティングシート」というキーワードで上位表示されるべくせっせとSEO対策会社と協力し宣伝費を日々計上している次第です。

みなさんもっと「カッティング文字」とか「切り文字シール」とかで検索してみてください。

よろしくお願い申し上げます。

店主。