カッティングシート インクジェットシール マグネットシート 会社概要 サイトマップ 特定商取引について

  1. TOP
  2. ブログ

カッティングシートについて

当ホームページでは、カッティングシートによる切り文字を製作販売している訳ですが、ちょっとした豆知識を加えて詳しくお話しさせて頂きます。

弊社は基本的に看板屋です。色々なサインに対応しておりますが、当ホームページでは、ネットのみの特別価格カッティングシートの切り文字を主に販売しております。色んなキーワードで宣伝活動を行っていますが、ユーザーは圧倒的に、

カッティングシート」のキーワードで検索しているようです。

そもそも「カッティングシート」という呼び名は、中川ケミカルという会社の登録商標で、この会社の屋内用マーキングフィルムの呼び名です。

昔々看板は職人が筆とペンキで書くか、専用ミシンでアクリル板などを文字の形に切って、貼っていました。しかしカッティングシートなるものができ、

(これが中川ケミカルさんのカラーフィルム。後に各メーカーが独自シートを販売

カッティングマシーンが普及して、

(その前は原稿をコピー機などで作り、カッターで手切りしてました)

看板屋も「こりゃ簡単だわ!」と皆フィルムで作る文字に流れて行き、現在に至っています。

ユーザーが求める屋外の宣伝用文字は各他メーカーの屋外用マーキングフィルムをカッティングマシーンでカットし、ゆわいるカス取りと呼ばれる不要部分を剥がし、専用のアプリケーションシートでコーティングし、発送するものです。

ですから、「カッティングシート」での検索そのものが間違った言語での検索と言えます。

とは言え、一般的になってしまっている「カッティングシート」は存在感を増し、我々も「カッティングシート」というキーワードで上位表示されるべくせっせとSEO対策会社と協力し宣伝費を日々計上している次第です。

みなさんもっと「カッティング文字」とか「切り文字シール」とかで検索してみてください。

よろしくお願い申し上げます。

店主。

川崎大師看板

川崎大師表参道商店街の行灯看板をカッティングシートで仕上げました。

 

既存看板を持ち帰り、同じサイズでアクリル看板を作りました。

川崎大師 看板

既存看板は、昔ながらのアクリル切り文字で作られており、本来片面だけ店舗名を変えればよいのですが、その特性によりできない為、カッティングシートによるリニューアルになります。

 

カッティングシート施工前

まず、カッティング文字を用意してスタートです。

 

最初に周りの茶色帯を貼ります。

川崎大師看板製作過程

 

そして3面に文字を貼り完成です。

カッティングシート 表参道

川崎大師看板

川崎大師看板

 

 

 

 

インクジェット施工

インクジェット施工前

こちらの建物のガラス面にインクジェットシールを内貼りで施工、
入口部分に案内表示のインクジェットシールを施工してほしいとのご依頼を受けました。

施工後がこちらです。

after12

デザインはお客様が考えてデータ入稿したものです。鮮やかな青色が目を引きますね。
入口部分のインクジェットシールは矢印があり、どこから入るのかがとても分かりやすくなりました。
窓のガラス面にシールを全面的に貼ることで省スペースでも看板代わりに。

ガラス面の施工について詳しくは栗田アートのガラスシート施工をご覧ください。

マグネットシート施工例

マグネットシート マグネットシート マグネットシート

左:鉄扉に貼るためのマグネットシート。ロゴと社名を添付ファイルで送っていただき、そちらを参考に製作しました。

中:モデルルーム用マグネットシート。期間限定の場合も簡単にはがすことができるので便利です。

右:販促用マグネットシート。メモ止めなどにも使用できるのでお手軽にPRすることができます。大量ロットも対応しています。

マグネットシート マグネットシート マグネットシート

左:車用マグネットシート。安心の国産マグネットシートを使用しているので車に貼り付けても剥がれ落ちません。

中:カフェ用マグネットシート。可愛いハートとお花で作られたデザイン。

右:会社化に成功し、以前作ったものに、株式会社を追加してとのことで作成しました。