カッティングシート インクジェットシール マグネットシート 会社概要 サイトマップ 特定商取引について

  1. TOP
  2. ブログ

お客様より完成写真

お客様からマグネットシートの設置完了の写真を送って頂きました。

栗田様

いつもお世話になります。

突然ですが当店オープンが今月13日を予定致しております。

もし可能であれば今週中の発送をお願い致します。

せかすようになってしまい申し訳ありません。

宜しくお願い致します。

冨鹿

たこ焼き

ご覧になってください。無事にステンレスに貼れています。

又看板追加&変更があったときには宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

冨鹿

 

通常ステンレスに磁石は付かないのですが、鉄分が多い素材は付く事があるので、メーカーに素材内容を確認してもらい、その後製作しました。

大阪で、たこ焼きと、お好み焼きのお店を始めるそうです。

マグネットシート賢いご注文

今回ある意味、賢いご注文方法をされたお客様がおりましたので、紹介します。

元々のお問い合わせは、FAXで以下のように多枚数の、工事看板に使用するものでした。元請けさんや、下請けさんの社名です。

マグネットシート原稿

小さめのマグネットシートですが、枚数が多いので、それなりの金額になります。

色々お話しをさせて頂き、まとめた大きいサイズのマグネットシートにして、お客様自身が細かくカットした方が、金額的にお得だと思い、以下の完成品で納品しています。

マグネットシート製作例

カッティング文字.netは、サイズにより料金設定しており、デザイン内容で料金の変動が無い為、このようなご注文は、かなりお得になります。

手書き見本からカッティングシート作成

今回小学校のプレートに貼るカッティングシートのご注文がありました。

先生が書道で書いた原稿から製作可能かと問い合わせを受けまして対応しました。

これが手書き原稿。真っ直ぐに伸ばして、写メからPCに取り込んでトレース作業をします。

手書き文字

 

これが完成品

手書きトレース後カッティングシート

お客様の声

栗田様

お世話になります。
素敵な看板を作って頂きありがとうございました。
代金を振り込みましたので明日以降ご確認頂けますと幸いです。
領収書をご送付頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

渡辺

インクジェットシール看板

(看板。シルバーシートへインクジェット出力仕上げ。)

 

 

おはようございます。
申し訳ありませんが明日必着でお願いします。
対応頂きありがとうございます!

本日届きました!ありがとうございました!

溪和子

(名前カッティング文字)

 

本日受領いたしました。
満足しております。どうもありがとうございます。

工藤武司拝

(カッティングシート反転文字)

 

有限会社栗田アート
栗田様

お世話になっております。
先日看板を注文致しました、シャロン洋菓子店です。

一昨日看板が届きました。
早速のご対応いただきありがとうございます。

(看板。インクジェット仕上げ)

 

栗田様
お世話になっております。
名入れシートが今日届きました。
いつも素敵な出来上がりに感謝しております。
振り込み完了しておりますので
宜しくご査収下さいませ。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
有難うございました。

株式会社宝満
梁川里美(やながわさとみ)

(店名インクジェットシール)

 

 

栗田様

お疲れ様です。渡邉です。
バッチリです。
よろしくお願いします。

栗田様

お疲れ様です。渡邉です。
実物拝見しました。
とても良いです。
本当にありがとうございました。
良いスタートが切れそうです。

感謝いたします。

(マグネットシート)

カッティングシート剥がし方

今回は良く質問を受けるカッティングシートの剥がし方について説明します。 みなさん剥がし方にも、何かコツみたいな物があって、プロなら簡単に出来ると 思っているようですが、そんな事はありません。

カッティングシートは基本的にシールやテープと同じで、剥がし方もそれら と同じように剥がします。 爪などでコリコリして、少し剥がれた部分を摘んで剥がしていきます。

ただ、 カッティングシートは屋外で何年も剥がれないようになっていますので、小 さい普通のシールのようにはいきません。地道に少しづつ剥がしていく 事が基本です。その事を踏まえて実施してください。

 

とは言っても、仕事でやる以上、色々工夫はします。

何度も施工しています ので、その経験からどのようにしているのかお話ししたいと思います。

良くドライヤーで温めながら剥がすとか、熱湯をかけるなど聞いた事はないで しょうか?長期間貼ってあって、古くなったカッティングシートは、弾力が無 くなり、すぐちぎれてしまって、なかなか剥がしが進みません。そんな時に温 めるのは有効な手段ですが、剥がす場所や条件によって、一般の方は、それらを 使えない事が多いと思います。

陽が当たる場所では日光がしばらく当たっていると、比較的剥がし 易くなります。しかし、条件が合わず、電源の兼ね合いで、ドライヤーが使えな い場合は、やはり地道な作業になります。

 

まず、このような剥がし用の工具で、少し摘めるようなキッカケを作ります。

カッティングシート剥がし道具

これは愛用の道具で常にポケットに入れてあります。

丁寧に扱えばステンレス にも傷を付ける事なく擦れます。地道な作業ではこれのみで行います。

 

 

 

剥がす範囲が大きく、下地を傷めても良い場合はこのような道具を使います。

カッティングシート剥がし道具

先端にカッターの刃を装着して使います。この形が良く、力が伝わり、上手く 剥がせます。カッティングシートがあまりにも古く、カッサカサに乾いてめ くれ上がっているような状況ではかなり有効です。

 

 

使える条件は限られますが、最終手段としてこのような剥離剤を使用します。

カッティングシート剥離スプレー

これは、カッティングシートを溶かしてフニャフニャにしてくれるので、いつ も使いたいのですが、強力すぎるので、プラスチック系の素材が下地や周りに ある場合や、塗装なども溶かして傷めてしまうので、必ず使える訳で はありません。

カッティングシートが多く貼ってあるガラス面や、カッティング文字がステンレスHLなどに貼ってある時 が使うチャンスです。ただ、ガラス面も周りのゴムパッキンを溶かしてしまう ので周りにかからないよう、ご注意ください。また、軍手や保護眼鏡などは必需品になる劇薬である事 に十分ご留意ください。

 

 

剥がした後は、糊が残りますので、シンナー、ベンジンや、このアルコールと ウエスや先の愛用剥がし用工具を使って糊を綺麗に取ります。

残った糊を拭き取るアルコール

 

このように色々な道具を使い、条件など良く考慮して剥がし作業は行います。